栃木県芳賀郡益子町F様邸 外壁塗装屋根漆喰施工事例

F様邸
地域
栃木県芳賀郡益子町
内容
外壁・屋根漆喰・付帯部塗装
塗料
ND152

F様邸の施工写真

栃木県芳賀郡益子町にあるF様邸。左写真は施工前です。塗装膜は、劣化が進み機能をしていない状態です。

左は錆びが進み苔が生えている状況です。高圧洗浄中です。藻や苔・汚れ等を除去します。右は完了写真です。

軒天井の塗装工事の状況写真です。左の写真は、繋ぎ目の処理の写真です。右は、軒天井塗装作業中です。以前は白系の色でしたが、今回は、おまかせと言う事でしたので、壁の色に合わせて施工させていただきました。

次に、外壁の作業に入ります。左から、錆び止め(グレー)塗装作業中→中塗り塗装作業中→上塗り塗装作業中になります。
※中塗り・上塗りは、同色になります。

次は、鉄骨階段塗装に移ります。左から、ケレン作業中(旧塗膜の除去)→錆び止め塗装中→上塗り中の順になります。

最後に、破風・樋・雨戸などを塗装して、外壁塗装工事は、完了です。

次は、屋根漆喰です左から施工前→漆喰上塗り中→作業完了の順になります。
屋根漆喰は、棟を支える、重要な役割をしています。漆喰が駄目になると、水が浸入したり瓦がずれる等が起きる恐れがあります。

左から施工前→漆喰塗り中→完了の順です。一番左の写真を見ると、ガラ空きなのが見て取れます。今回スズメ止めは、目立たないように、ブラック色を使用致しました。

施工前です。シートは劣化が進み、シート下に水が浸入したり、苔や汚れが等が酷い状況です。

既存シート防水撤去作業中です。かなり雨水が浸入していました。

シーラー下塗り作業中写真です。この作業は、下の弱っているコンクリートを強化するのと同時に、密着性を高める為の工程です。

次に、下地のモルタル補修の工程です。下地が凸凹していると。シートが良く密着しない為、下地を平らにする(補強)作業です。

シート張り込み作業の様子です。下のコンクリートとシートに、接着剤を塗布をして、工具にて圧着しながら、張り込んでいきます。

脱気筒取付作業中の様子です。この脱気筒は、下のコンクリートに溜まっている湿気を逃がすための物です。湿気は、逃がす所がないと、どこからか逃げようとする為、この脱気筒で逃がす場所を作ります。

最後に繋ぎ目をコーキングして完了です。

  • 施工事例を見る
  • ビデオ診断
  • お問い合わせはこちら
一級塗装技能士が集う外壁塗装・屋根塗装専門店
住宅塗装館|堀岡美装店 栃木県宇都宮市横山1-24-17
お問い合わせはこちら